パティシエ・HORIKIの気まぐれブログ♪

2010 年 11 月 19 日 | その他

ボンジュール!!サヴァ?(こんにちは!!元気?)
珍しく僕がブログなんか書いちゃってます(爆笑)t00200020_00200020103205614842

明日、大嵐になるんじゃない?img_334038_2039604_20

さてさて、今回ブログを書くことになったのは、先日11月10日に行われた、財団法人「日本食生活文化財団」が主催する、製菓セミナーでとっても勉強になったのでt00200020_00200020102104985122みんなにお知らせしたかったからなんです。b430aadd4b4d2871f3183fbd81bffcab
講師は、埼玉県洋菓子協会の会長さんで「夢菓子工房ププリエ」のオーナーシェフでもある大橋健二シェフでした。t00200020_00200020102012311421

t00200020_0020002010282497621今回のテーマが、「斬新なお菓子作りって何?」といことで、

「シュトーレン、オートンヌ、ブッシュ・ド・ノエル・マロンカシス、ショコラ・フロマージュ」の
4品の菓子をデモンストレーションしてくださいましたt00200020_0020002010210012621

thumb_101119h_07b thumb_101119h_08a
thumb_101119h_03b thumb_101119h_01a
thumb_101119h_title
「皆さん、斬新ってどのように捉えられてますか?」
「現在の日本のレベルはトップレベル、デザイン、技などあらゆる場面で出尽くした状態になっている。」
「そんな時、皆さんの周りを見渡してみてください。」
「ケーキはもちろんヨーロッパの文化ですが、ここは日本です。」
「日本にも、身近なところで誇れる食材がたくさんあるんです。」
「例えば、葛(クズ)や寒天、餡子など、これらを上手く融合させられることが、いわゆる現代に必要な『斬新』ということに繋がるんじゃないでしょうか?」
「あと、食文化だけにとらわれず、服飾系などの他文化からのイマジネーションやインスピレーションも必要だと思います」

t00200020_0020002010214472874そんな冒頭から始まり、デモンストレーションが行われました。
「さすが!!」という一言がまさにピッタリな仕事ぶりt00200020_00200020102188682362

なおかつ、アシスタントのパティシエの方とも息がピッタリでt00200020_00200020102198904481
久しぶりに現場の空気を少し味わえた気がしました。t00200020_00200020102913174661

あと、これは余談ですが、大橋シェフはこんな事もセミナーの合間におっしゃってました。

thumb_101119h_title
「今の若いパティシエたちには、目的意識をちゃんと持って歩んでほしい。」
「かけ出しの頃は、洗い物や計量といった仕事が多い。でも、そこにはちゃんと意味(目的)がある。」
「その砂糖を計量することにより、ショーケースの中のこのケーキが出来るんだ。そして、それを目当てに来るお客様がいる。」
「どんな場面でも彼らの夢や目標に繋がるんだと。」
「そういった事を、学校や現場で伝えていってあげたい。いや、伝えてあげなきゃならない。」

この話を聞いて、「そうだよな。やっぱり夢とか目標って大事だよな。」って再確認しましたt00200020_00200020102824976132

僕の夢は、
「人を幸せに出来る、パティシエを世界にたくさん輩出すること!」

みんな!
夢は、小さな事の積み重ねかも知れない。
でも、見るところはそこじゃない!
成功した自分自身を想像し、そこへ向かって走っていけ!
転んだっていい。
転んだときに見えたものも、君たちの糧になるはず!
可能性を信じて・・・。

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2019年4月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

    • 資料請求
    • オープンキャンパス