パティシエ科のドリンク実習

2017 年 12 月 21 日 | 学校長ブログ

パティシエ(パティシエール)は、フランス語で菓子製造人を意味し、ケーキやパイ、スイーツなどのお菓子を製造する職業人を意味します。実際の職業としては、ケーキ屋さんや洋菓子屋さんのイメージがありますが、それぞれ店舗では、テイクアウトばかりではなく、イート・インを行っていることろもあります。そのようなお店では、お菓子にマッチしたドリンクの提供も大切になります。

12月20日(水)は、パティシエ科1年生の選択実習として、ドリンク実習を行いました。

作業 コマシラ

今回の実習では、コーヒーを使った、カフェラテアートとカフェモカの技術を高める取り組みです。

事前準備として、まずコーヒー豆を挽き、それをエスプレッソマシンで抽出。さらにミルクを温めて泡立てます。コーヒーの抽出もその温度と量が重要となります。

準備・豆挽き 準備・挽き豆

準備・抽出 準備・ミルク

準備ができ、まずカフェラテアートに挑みます。エスプレッソコーヒーに泡立ちミルクを注ぎ、その注ぎ口だけでアートを描きます。

今回は、基本となるハートを描きました。なかなかキレイなハート型にはならず、悪戦苦闘しながら、技術を習得しておりました。

ラテ1 ラテ2

ラテ3 ラテ4

続いて、カフェモカの実習。チョコレートシロップにエスプレッソコーヒーを注ぎ、さらにあわ立てミルクを注ぎます。半分ほど注いだところに、漉し網を利用してココアパウダーをまぶし、さらにミルクを注いでアートを描きます。最後にホイップクリームとチョコレートシロップで飾り、余裕があればピンで模様を描きました。

モカ1 モカ2

モカ3 モカ5 

最後の模様付けはなかなかできず、指導者に直接教えてもらいながらの作業です。

その結果、次に様に完成しました!

完成3

途中、試飲を繰り返しながら、自分たちのできばえを評価しあい、一人一人の技術とセンスを高める実習に取り組んでおりました。

試飲1

本校は、卒業後の職業現場で求められるプロとして、すぐに生かされる技術の習得をめざして、多角的な実習に取り組んでおります。本校のカフェ・スイーツ&フード科とは異なる立場でドリンク実習に取り組み、パティシエ(パティシエール)としての幅も広がっていることが実感できました。

学生たちも食を扱う将来の職業人として、確かな技術とそれを表現するセンスを磨き上げながら、一歩一歩プロに近づいていることが実感できていると思われます。

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校
校長 青木 猛正(あおき たけまさ)

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

    • 資料請求
    • オープンキャンパス