和菓子職人の仕事

和菓子職人って?

和菓子職人は、その名のとおり和菓子を作る職業をいいます。
日本の古い伝統と共に受け継がれる和菓子と、その一方で新しい和菓子を生み出す創作和菓子など、
その種類は様々です。
1年を通して、四季折々の自然をモチーフに味と美しさを追求して作り上げられた、
手のひらに納まる小さな姿は、五感のすべてに訴えかける芸術ともいえるでしょう。
日本の風習や行事と密着していることや、自然の材料を使った健康的なお菓子ということもあり、
日本人の食生活にも定着しているので、職業としても安定しているといわれています。

働く場所は?勤務体系は?

和菓子店。会社では週休2日制が導入されているところもありますが、
店舗製造、工場など、働く場所により異なります。
個人店の場合、節句や祭事の時期は変則的な就労体系のところが多いです。

和菓子職人に必要なことは?

和菓子は種類が多いため、多くの経験を積んで技能を身につけることが必要です。
取得すると有利な資格として「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」があります。
積極的に和菓子に興味を持ち、味覚、デザイン、色彩、装飾など美的感覚を磨くことも大切で、
常に幅広い知識の吸収に力を注ぐことが大切です。

最近見たページ