バリスタの仕事

バリスタって?

「バリスタ」とは本来、イタリア語で「Bar(イタリアではカフェのこと)で給仕をする人」という意味。
しかし、コーヒーの本場イタリアではコーヒーを入れる専門家をバリスタといいます。
日本はコーヒーの消費量が世界第4位。今、人気の仕事です。

仕事の内容は?

エスプレッソマシーンを扱い、最高の味と最高のサービスを提供するのがバリスタ。
コーヒー豆の知識やおいしいコーヒーを入れる技術はもちろん、人を喜ばせたい、
おいしい味を届けたいというサービス精神やお客様とのコミュニケーションも大切な仕事の一部です。
~バリスタが入れる代表的なコーヒーの種類~

  • エスプレッソ:蒸気圧で抽出した濃いコーヒー。イタリアでは定番!
  • カプチーノ:エスプレッソにミルクを入れたもの。
  • デザインカプチーノ:ミルクでハートなどのイラストを描いたオシャレなカプチーノ。
働く場所は?

カフェだけではなく、レストランやホテル、パティスリーなどなど、
お客様においしいコーヒーとサービスを届ける場はたくさんあります。
また、コーヒー豆の知識やエスプレッソの入れ方の技術を飲料メーカーの開発部で発揮する場合も。
今、人気の職種、活躍の場はたくさんあります。

バリスタになるためには?

バリスタには、特に資格や免許はありません。
だから、誰にでもバリスタになるチャンスはあります!
カフェで働きながら学ぶ、または製菓学校のカフェコースなど、バリスタになるための学校で学ぶことができます。

仕事のやりがい ~ある、バリスタのおはなし~

「最高のコーヒー」はひとりひとりの好みや気分によって違うもの。だから、正解がないんです。
いつも、新鮮な気持ちで、1杯を大切に作っています。だから、「おいしかった」の言葉が本当に嬉しい。
本場のイタリアでは、お客様の顔色や気分を察してコーヒーの味を変えるというバリスタもいます。
また、カフェ業界は新しいものをどんどん取り入れる世界。
年齢に関係なく、ステップアップできるのもやりがいがあります。
常連さんから初めてのお客さんなど、毎日、いろいろな人との出会えるのも魅力です。

最近見たページ