ショコラティエの仕事

ショコラティエって?

ショコラティエ(chocolatier)はフランス語でチョコレート職人の意味です。
また、手作りチョコレートを扱う店舗やチョコレート菓子を製造する会社を指すこともあります。

仕事の内容は?

チョコレートを自在に操り、様々な形に仕上げる仕事です。
原料であるカカオ豆から口どけまろやかな味を作り出していきます。
チョコを溶かしたり、温度に最新の注意を払いながら冷ましたり、器具を使って模様を描いたりと、
細かい作業が大半をしめます。

働く場所は?

パティスリー(洋菓子店)や製菓メーカーなどが主な働く場所になります。
独立して専門店を持つ方も多くいて、これから注目されている職業のひとつです!

ショコラティエになるためには?

ショコラティエになるために必ず必要になる資格はありませんが、
国家資格の製菓衛生師を持っていると、信頼・就職に有利となります。

仕事のやりがい ~ある、ショコラティエのおはなし~

チョコレートは、毎日の湿度・温度に影響されることが多いデリケートな素材です。
そのチョコレートを経験を積むにつれ、より良い状態に仕上げられるようになったとき
とてもやりがいを感じます!
また、チョコレートを組み合わせオリジナルのチョコレートを作れたときの嬉しさは格別です!

最近見たページ