パティシエの仕事

パティシエって?

洋菓子作りの技術を専門的にマスターした人のことです。
フランス語で「洋菓子職人」という意味で、女性は「パティシエール」とも言います。

仕事の内容は?

ケーキやパイなどの洋菓子作りはもちろん、マジパンやあめ細工、新しい商品の考案もします。
というと、センスや創造力が必須と思われるかもしれませんが、基本となる食材の知識や技術を知り尽くし、使いこなせた上で初めてオリジナルのものを作り出すことのできる、奥の深い世界です。

働く場所は?

パティスリー(洋菓子店)だけではなく、ホテル、レストラン、ブライダルハウスなど、
パティシエの活躍の場はたくさんあります。
また、ヴァンドゥーズ(販売員)などとして働くこともできます。

  • パティスリー:お店の専属のパティシエとして洋菓子製造、新商品の考案など。また、自分で開業して、オーナーになることも。
  • ホテル:ホテルのレストランなどでデザート部門を担当します。
  • ブライダルハウス:オシャレなブライダルハウスが人気の今!大切な日のデザートやケーキ作りを担当します。一生の思い出に携われる仕事!
  • ヴァンドゥーズ: 専門の知識をもった販売員のこと。お店の人気や信用に関わる重要なお仕事でもあります。
パティシエになるためには?

パティスリー・ホテルなどに就職する、もしくは製菓学校などで一通りの基礎的技術を学ぶことができます。
本格的な味を目指したい!とフランスなどヨーロッパで修行を積む人も少なくありません。

仕事のやりがい ~ある、パティシエールのおはなし~

作ったものをお客様に喜んでもらえた時がやっぱり一番うれしい。
だから「あぁ、もう一度あのお菓子を食べたい」と思われるような、
印象に残るお菓子を作ろうと、試行錯誤するのが大変でもあり、やりがいでもあります。

特に、焼き菓子は奥が深い!基本の材料は卵、粉、砂糖、バターの4種類。
この4種類の材料の分量や混ぜ方などで本当にいろいろな焼き菓子ができるんです。
だからこその無限の可能性が楽しい、奥の深い世界なんです。

最近見たページ