社会人のみなさんへ。 ~入学・転職までの実話編~

2014 年 2 月 24 日 | 学校ニュース

みなさん、こんにちは。ブーランジェ(パン職人)の柴田です!

今回のブログでは、私の専門学校時代と、

就職内定までの実話をお届けします。

私が転職を目標に、専門学校に入学したのは、28歳の頃。

夜間学科に入学後、パンの仕事と学習塾でのアルバイトを掛け持ちしていました。

朝6時~夕方16時までパンの現場に入り、18時~21時半まで学校。

忙しい日々でしたが、「絶対にパン職人になる!」という夢があったので、

私にとっては楽しい毎日を過ごしていました。

就職内定が決まったのは、2年生の8月頃でした。既に30歳になっていました。

30代で、就職(転職)できるのかな?と、内心は不安でいっぱいでしたが、

学校の紹介で、東京都内のベーカリーで内定をいただきました!

面接までの間に、何度も足を運び、商品の名前や味を覚え、内定をいただく努力をしました。

大手工場、ホテル、個人店と、色々なベーカリーを経験し、現在は学校でパンを教えています。

「あの時、学校に入学してよかった良かった!転職して良かった!」

手に職を得た今、心から感じている事です。未来は自分の手で切り開けます!

社会人のみなさん、新しい未来を、埼玉ベルでかなえて下さい!

 

 

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

    • 資料請求
    • オープンキャンパス