パティシエ科海外研修~その②~

作成日: 2014年02月9日 |カテゴリー: 学校ニュース

皆さん、こんにちは。

夜間学科、副担任の鈴木です。

 

今回はパティシエ科海外研修の ~その②~ になります。

埼玉ベルエポックでは、毎年希望者を募り、人数が沢山になるので、A班・B班と日にちを分けて海外研修を行っています。

私はB班の引率として、パティシエ科1-2の学生と、カフェ・スイーツ科Ⅱ部(夜間学科)の学生、合計24名とフランスへ行ってまいりました。

日程は1/19(日)から25日(土)の7日間になります。

成田空港を出発、飛行機で12時間のフライト。

パリのシャルル・ド・ゴール空港でフランス国内線に乗り継ぎ、1時間ちょっと。

バスに揺られて、エルミタージュと言う小さな町のホテルにチェックイン。

1日目は移動で終了。

 

2日目、3日目は 『 レコール・グラン・ショコラ・ヴァローナ 』 にて研修を受講しました。

 

 

 

4日目に 『 ラ・シテ・デュ・ショコラ 』(チョコレート博物館)を見学

 

 

ここの博物館では、チョコレートの原材料、カカオから、数多くの工程を経て、チョコレートになるまでを視角、味覚、嗅覚、触覚で体験しながら学べる博物館です。

 

先生にチョコレートのテイスティング(試食)の仕方を教わり、4種類のチョコレートをまるでワインを飲むみたいにテイスティングをしました。

 

 

学生は皆、味覚、嗅覚をフル回転

4種類のチョコレートの違いを、一生懸命味わっていました。

 

あっという間に時間が過ぎてしまった、チョコレート博物館を後に、またもやバス、飛行機に揺られ再び、シャルル・ド・ゴール空港へ戻り、パリのホテルに宿泊

 

5日目、待ちに待った自由研修です。

学生達が自分達で、計画を立ててグループ行動でパリのパティスリーに足を運んだり

 

 

美術館を見学する学生

 

 

凱旋門・エッフェル塔・オペラ座・ノートルダム大聖堂・ヴェルサイユ宮殿などなど

 

 

各グループで洋菓子の本場、パリを満喫

 

6日目も夕方まで自由研修・・・

夕方にホテルへ集合し、バスでシャルル・ド・ゴール空港へ移動し、12時間のフライトで成田空港へ

 

フランスと日本の時差が8時間もあるので、成田空港へ到着した時には、7日目も日本ではすでに日が暮れていました。

空港でB班全員でお疲れ様と、軽めの終礼をして現地解散となりました。

 

実際にフランスで、本場の洋菓子や文化を沢山感じて、勉強になる海外研修になりました。

 

 

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校では、毎年希望者が海外研修に行っています。

昼間部でも夜間部でも、興味のある学生は、是非、海外研修に参加してみて下さい。

 

 

 

最近見たページ


  • カレンダー

    2016年12月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

    • 資料請求
    • 学費支援システム
    • 国家資格製菓衛生師
    • 卒業生実績
    • フォトギャラリー
    • 高校生パティシエ・シェフコンテスト
    • ベルエポックのTwitter
    • ベルエポックのyoutube
    • SNS公式アカウント一覧
    • 講師・アシスタント(実習助手) 募集