ジャパン・ケーキショー 参加

2017 年 10 月 20 日 | 学校長ブログ

この時期としては、長雨の間の晴れの日となった10月18日(水)、恒例となっております「ジャパン・ケーキショー 東京」に、パティシエ科の学生が参加してまいりました。

「ジャパン・ケーキショー 東京」は、一般社団法人日本洋菓子協会連合会と公益財団法人東京都洋菓子協会が主催する我が国最大の製菓に関する作品展です。今年度は、10月16日~18日に実施されました。ケーキショーには数多くのパティシエやパティシエール、本校のような養成機関等の学生が、それぞれの部門で作品を出展しており、その中で特に優れた作品には、賞が授与されます。

DSC_0676

会場となった、東京都立産業貿易センター台東館には、10時会場の前から多くの方でにぎわっておりました。その中で、本校は2年生が10時30分、1年生が11時に集合としました。

入り口前では、点呼と入場券の配付、そして会場案内とパンフレットともに授業の一環として取り組む、本日のワークシートを配付しました。

DSC_0678 DSC_0677

そのワークシートとパンフレットを持って、いよいよ入場です。会場が4つのフロアに分かれているため、胸には入場済みのシールを貼っての見学です。

DSC_0681 DSC_0683

ひとたび会場に足を踏み入れると、多くの業界の方や専門学校生、高校生に一般の方と、それぞれの作品に目を凝らして見ておりました。

DSC_0682 DSC_0684

DSC_0693 DSC_0697

ケーキショーは、「マジパン仕上げ」「バタークリーム仕上げ」「ピエスアーティステック(アメ部門)」「ピエスアーティステック(ショコラ部門)」「小型工芸菓子」「チョコレート工芸菓子」「シュガークラフト工芸菓子」「プティ・ガトー」「コンフィズリー」「ジュニア」「エコール」「味と技のピエスモンテ」「ディスプレイ」「ギフト菓子」「国産米粉を使った焼き菓子」と、それぞれの部門で日ごろ培ってきた技を競い合っております。

その中で、本校のような養成校は、「エコール部門」にマジパンを出品することとなっており、全国の専門学校等から、約540作品が出品されました。本校パティシエ科からは、7作品を出品しました。

その中で、パティシエ科2年生の 早川 莉穂 さんが、見事「銅賞」を受賞しました。

銅賞

「マジパン」とは、アーモンドをすりつぶし、砂糖などを混ぜて半固形状にしたもので、色づけしていろいろな形を作り、ケーキの装飾用に用いられております。今回の展示作品は、スポンジ土台の周りをマジパンでコーティングし、そこに様々な装飾を施しております。

賞状

このマジパンの技術は、実際のデコレーションケーキの装飾として生かされます。

実際、早川さんはケーキ職人とし就職しますし、出品した学生の中には、ウェディング分野へ就職する者もおります。すなわち、今回の成果がそのまま職業生活でも生かされることになります。

このように、我が国最大の製菓の作品展である「ジャパン・ケーキショー 東京」に出展ができ、賞までいただけたのも、毎日の授業への真摯な取り組みの成果です。ぜひこれからの仕事をする上での自信としてください。

しかし、それも自分ひとりの力ではないことをしっかりと肝に銘じてください。本校の教職員はもとより、一流のシェフの皆さまに丁寧にご指導していただいたことによります。

その感謝の気持ちを失わず、今日の経験をこれからの生活に生かしてください。

 

さて、会場ではそれぞれの分野ごとに金賞や銀賞の表彰式も行われておりました。

DSC_0695 DSC_0696

各学生は、それぞれの素晴らしい作品を目にするとともに、このような場にいることで自分を高めております。それが、今回の学習の課題でもあるワークシートに表現されております。

本校では、一人一人の技術の向上とともに、学校外の場でも多くにことを学びとれる。そのような取り組みを行っております。

 

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校
校長 青木 猛正(あおき たけまさ)

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

    • 資料請求
    • オープンキャンパス